軽井沢/東京 PAと音響レンタル 株式会社Make a HAPPINESS

  • お電話は0267-41-6084(高橋)まで
MENU

【新規投入】JBLパワードスピーカーEON610が仲間入りしました!

こんにちは。
本日はマイナー機材評論ではなく、最近新規に仲間入りした機材を紹介させて頂きます!
 

[JBLパワードスピーカーEON610]
 
今、JBLさんでは「EON700シリーズ」が展開されており、
こちらの600シリーズは現在は生産完了しているので、
700シリーズの一つ前の立ち位置になっている様子です。
 
一応、つい最近までは新品でも多少出回っておりましたが、
コロナ渦のためか部品供給不足、輸送量高騰等の理由で、
機材価格高騰と在庫切れという状態が続いておりました。。。
(JBL等の機材の価格高騰は以前にニュースにもなっていましたね。。。)
 
そんな中、今回弊社で投入したこちらの2発は中古ではありますが、
好意ある方が大変状態のいい個体を譲ってくださいました。
 

コントロールパネルは至ってシンプルで、input2系統のVolノブとマスターボリューム、
あとは「Main→Monitor→SUB→Speech」とシーンに応じてワンタッチで使い分けが可能なスイッチ部、
その他の調整はBluetoothでスマホやタブレットのアプリとの連動で、4bandパラEQ等の調整が可能となっております。
 
正直、Bluetoothについては私自身が少々苦手意識がありまして、
接続の挙動がうまく掴めなかったり、不安定だったりという印象があるのですが、
前述の「Main→Monitor→SUB→Speech」とシーンに応じてワンタッチで使い分けが可能なスイッチ部は、
かなり便利な機能で、現場での機動力が格段にアップしそうです!
 
一応解説させていただくと、
「Main」は言わずもがなメインスピーカーとしての使用に最適なモード。
「Monitor」は転がしとしての使用に最適で、少しLow Cutされた音色になります。
「SUB」はサブウーファー使用時に最適なモードで、Lowがスカスカになります。
「Speech」はトーク系に最適で、「Monitor」よりも少々すっきりした音色です。
 
事務所で動作確認程度に軽く音出ししてみましたが、
Lowが滑らかで、ユニットの質の良さが伺えます。
 
現場で鳴らすのがとても楽しみな1台です。
 

 
また現場で使用したら詳しくレビューしたいと思います。
 
というわけで、今回の記事はここまで。
この記事の他に、当ブログでは「マイナー機材評論」と題して、
あまり脚光を浴びないけど意外とイケてる機材や小物をご紹介しています。
興味のある方は下記リンクからご覧いただき、よければコメントもお待ちしております!
 
[マイナー機材評論とは?]
[マイナー機材評論ブログ記事一覧]
 
最後までお読み頂きありがとうございました!
 
 
サウンドハウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« 前のページに戻る

サイト内検索