Make a HAPPINESSボーカルスクール

どんなレッスンを行うの?声楽と何が違うの?

周りの音に埋もれない、存在感のあるボーカリストになるためのレッスン

当スクールでは、ボイストレーニングや声楽ではほとんど当たり前となっている『複式呼吸』など、発声の基礎的な部分よりも、ボーカリストとしての『存在感』を発揮できるよう、指導をさせて頂きます。バンドサウンドの中でもひときわ目立つボーカル、路上でどこまでも響く美声、カラオケでエコーに頼らなくても、うまく聴こえる歌い方。これらにはある共通点が存在する、と講師は考えています。それは、『体中が共鳴していること』です。ほとんどの場合は歌を歌うとき、頭や胴体など、体には数多くの部位があるにもかかわらず、残念ながら顔しか共鳴していないケースが多く見られるのです。すると、周囲に埋もれてしまう『細い声』になってしまうのです。ボーカルはノドだけでなく、体全体が楽器です。ですから、自身の声で体中を共鳴させることができれば、自身の個性を100%生かした、存在感のあるボーカリストになることができるのです。

ハイトーンボイスをキレイに、軽々と出せるレッスン

「高い声を出すには、ノドを鍛えろ!」一度は耳にしたことがあるでしょうか?率直に申しまして、これは大きな間違い。ノドは負担をかければかけるほど痛んでしまいます。当スクールでは、ボーカリストの憧れである『高い声を出す秘訣』を独自の方法でお伝えしています。今までどんなにキーの高い曲に挑戦しても、声が高くならなかった方。それにはちゃんと、理由があります。それさえクリアできれば、3オクターブくらいの音域は誰でも出せることができます!ちなみに講師は、この方法で地声のハイトーンが3音上がり、裏声も合わせると3オクターブ以上の音域を手に入れることができました。

ライブステージと同等の環境で実践的なレッスン

講師の正幸は、シンガーソングライターであると同時に、レッスン会場である『軽井沢リハーサルスタジオMake a HAPPINESS』のオーナーであり、さらにプロのPAでもあります。ですから、スタジオは『ライブハウス級の音響環境』に強いこだわりがあります。こういった環境を生かし、マイクの扱い方やステージ上でのマナー、身振りで感情を伝える歌唱法、さらに周囲を熱狂させるパフォーマンス法など、かなり実践的なレッスンが可能となっています。

小学生にはどんなレッスンをするの?

率直に申しますと、講師は、子どもが大好きです(笑)また、子どもの頃から本当に歌うことが大好きで、合唱団に所属したり、クラスでも休み時間に歌ったり、家でもカラオケをしたり...と、本当に歌に囲まれた小学校時代を過ごしてきました。ですが、講師は自他ともに認める『デカい声』の持ち主。「うるさい!」と怒られることもしばしば。こちらのスクールに興味を持ってくれたキッズ達の中にも、本当は「好きな歌を思いっきり歌う場所が欲しい!」そんなことを思っている子たちも多いのでは?と考えています。しかし、ただ大きな声で好きなだけ歌っても、ノドを痛めてしまうだけ。特に6年生の男子は、そろそろ変声期に差し掛かるとき。下手をすると、その後の話し声にも影響してしまいます。ですが、そこはお任せください。独自の方法でノドに負担がかからない発声と、成長に添った曲選びで指導させて頂きます。当スクールはキッズたちにとってそういった存在であると同時に、レッスンを通してこころから音楽を好きになって頂きたいと考えています。『ライブハウス級の音響環境』の当スタジオでのレッスンは、さながらコンサートのステージにいるような気分。当スクールでレッスンをして、歌がうまくなり、音楽を好きになることができれば、クラスでスターになれること間違い無しです!

発表会やライブなど発表の場を設けモチベーションアップ!

レッスンをして、せっかくうまくなったのなら、発表をする場所が欲しくなりますよね!そんな欲求を叶えるため、当スクールでは年に2回の発表会やライブを開催します!(2017年は12月に開催決定です)音楽スクールは、生徒さま同士が顔を合わせることはなかなかないですが、こういった機会に交流したり、お互いの成果を披露し合うことで切磋琢磨し、レッスンのモチベーションをアップして頂きたく思います。